ラクナ梗塞

夏に気を付けなければならないのは熱中症だけではなく脳梗塞もです。
脳梗塞になると5割の人が後遺症が出てしまう。
夏に脳梗塞が最も発症しやすいのはいつか?
午前4時から正午までです。
寝汗で脱水状態となり血管内の水分が失われて血液がドロドロになってしまう。
利尿作用のあるカフェインが含まれているコーヒーや緑茶は脱水を引き起こすと聞くと、コーヒー好きな人は私のまわりにいるので注意したいです。
ラクナ梗塞とは脳の比較的細い血管がつまる脳梗塞。
意外な変化が起きることがあります。
右利きの人は右側におかれたものばかりを食べてしまい、左側を無視する。
これを半側空間無視といいます。
発症後4時間半までなら使える薬があるので早く病院に行くことが大切です。

コメントは受け付けていません。