タバコと基礎代謝

タバコを吸う人間の近くにいるだけで体重増加につながる可能性があるそうです。
受動喫煙の危険さはもう何年も前から有名な話しですよね。
喫煙者が吐き出した煙を吸ってしまうと、受動喫煙となって細胞が壊されることにつながります。
そうすると基礎代謝が鈍くなってしまうことが分かっています。
そこが体重増加につながるわけですね。
昔から臭いは嫌いでしたがそれを聞いてもっとタバコが嫌になりました。
マナーを守って吸っているとしても、その人の体についた煙や吸ってから数分後でも吐き出される呼気にタバコの煙はあるわけです。
タバコを吸ったら洋服を着替えるのは無理だとしても、うがいをするとか肺からの息にすら気を使うくらいしてくれないと愛煙家として
は認められないです。