首のトラブル

首のトラブルに頚椎症性神経根症があります。
首は7つの骨でできています。
脊髄から枝分かれするように神経があります。
枝分かれする神経の根元に問題がある症状です。
骨と骨の間が狭くなっていると腕や背中が痛くなったりするのです。
椎間板という軟骨でクッションの役割をするものがあります。
これが痛んでくると骨が変形してしまい神経を圧迫してしまう。
首の部分で一番動くところでが影響が出やすい。
椎間板は減っていくものでもとには戻りません。
普段とらない姿勢や運動など些細なきっかけで症状が出る。
加齢変化なので誰でも痛んでしまうことです。
若い人は少ないが40歳以上の人の発症例が多いです。
男性は女性の2倍の確率でこうなります。