緊急事態が起きたとき

お風呂で意識をなくしている人に一番やってはいけないのは、湯船から体を引きづり出すことです。
支えられずに怪我をさせる可能性があるからです。
湯船に沈んで溺れるのが一番困るのでだからお湯を抜いて溺れるのを防ぐことが一番大切。
指を口の中に突っ込んで詰まったものを取ろうとするのは危険です。
意識があるときにそんなことをしたら指をかまれることもあるし、口の中を傷つける。
大人の場合は背中を叩いても意味がないが、乳幼児には有効的です。
お腹を押して吐き出させるのが一番いい方法です。
大人の対処法として倒れている場合、足側からまたがる。
溝うちとおへそに握りこぶしを当てて、強めにして押す。
そのときに処置する人に「押しますよ」と予告しておく。
立っている場合は背後にまわって、自分の方にこぶしを引きつけるようにして圧迫する。
妊娠中の人や太っている場合は胸の真ん中を押しましょう。