国民性を問う

オリンピック卓球日本代表の水谷隼選手が世界の卓球界には不正行為が蔓延していると告発しました。
不正があるなら取り締まるべきです。
素人ながらこの告発で卓球と言えば最強である中国を思い浮かべました。
今年は日中関係の悪化により、中国の嫌な部分はたくさん見てきました。
もともとのパクリぐせや国民性が信じられない国でした。
しかし、卓球については努力の上で強いのだと私は思っていました。
人口が多いから国内で切磋琢磨しているスポーツ選手なのだと。
中国の選手が不正をしているかはわかりません。
していないのであれば、最強の国としてそっせんして欲しいです。
一番強いから不正していると言われたくはないでしょう。
努力を不正と言われたくはないでしょう。
だからこそ不正撲滅に力を注いでくれるのであれば私は中国という国をはじめてみなおすと思います。
今こそ民意が問われるときがきたのです。